植毛を中心に男性の薄毛を撲滅するための情報を発信!

薄毛を撲滅する植毛情報サイト

植毛とは

薄毛の救世主!植毛は増毛・育毛と何が違うのか。

投稿日:

世の男性にとって誰でも持っている悩み。それは薄毛ではないでしょうか。

もちろん体毛が濃いということで悩んでいる人もいるとは思いますが、髪の毛が濃くてそこまで悩んでいる人は少ないような気がします。むしろやっぱり薄毛、いわゆる「ハゲ」を気にする人が多い。

多少は仕方ないのです。そもそも男性ホルモンのせいで薄毛になってしまうので、大半の人は将来薄毛になると言ってもまぁ間違いではない。でも、やっぱり薄毛にはなりたくないですよね。。なりたくないし、万が一なってしまったら解消したい。

薄毛改善の最後の砦として知られる「植毛」。以前より植毛のクリニックと一緒に仕事をしていた経験を活かして、植毛とはなんなのかをご紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

植毛とは「毛を植える」行為

植毛とは、そのままの通り「毛を植える」行為です。

・・・・毛を植える!?と聞くとなんか怖いイメージもあるのではないでしょうか。。

 

植毛の種類には大きく分けて2種類あります。

  • 自毛植毛
  • 人工毛植毛

この2種類ですね。名前からしてもわかると思いますが、自毛植毛は自分の毛を植える行為、人工毛植毛は人工の毛を植える行為を指します。

端的に聞くと「なんだそれだけか」と思いがちですが、それぞれにメリットデメリットがありますので、そこのところも解説していくことにしましょう。

人工毛植毛のメリット・デメリット

人工毛植毛とは

人工毛植毛とは、人工で作られた髪の毛を、生え際や頭頂部などの薄毛の気になる部分に移植(植毛)することによって髪の毛のボリュームを増やす手術のことです。

自毛植毛と人工毛植毛では、現在は自毛植毛の方がスタンダードです。自毛植毛にはかなり多くのメリットがあるのですが、まぁ普通に考えて、人口のものを頭に植える行為なんて・・・という気持ちはありますよね。

人工毛植毛の毛はほんものそっくり。人工とはいえ、かつらやウィッグのようなわかりやすい毛ではありません。(素材としては、ポリエチレンや塩化ビニール等の化学繊維が主流です。)

頭皮に一本ずつ本物の髪と似たような毛を同じ角度で植え付けていくので、自然な仕上がりが追求できるのは大きなメリットかもしれません。

ただ、やはり頭皮に化学物質を直接植え付けることになるため、拒絶反応(アレルギー)などが出る可能性がはあります。

人工の髪なのでちゃんとケアしないと老朽化してしまうというのもデメリットとなっており、今ではああり注目されない方法となっています。

ただ、後ほど植毛する自毛植毛は自分の髪の毛をとってそれを違う場所に植え替える方法をとるので、生えている髪が少ない肩などはこちらの方法を使うしかないですね。

価格も比較的安いのはメリットかもしれません。

自毛植毛のメリット・デメリット

現在の主流はこちらの自毛植毛。

自毛植毛とは

自毛植毛とは、薄毛でない部分の毛を、薄毛の部分に植え替える手術方法です。時間はかかりますが、現在では最も薄毛改善の効果の高い方法です。

頭頂部やおでこの部分だけ薄毛になってしまっている人ってよくいませんか?サイドや後ろの髪の毛などは残っているのに・・・・という方も多いと思います。

それは、横の髪や後ろの髪には薄毛の影響が到達しにくいから。つまり、その部分の毛根には薄毛の成分の効果が影響しにくいのです。

その薄毛の影響しにくい毛根の髪の毛を持ってくるので、生えきった後は薄毛になる心配はかなり少ないです。ほぼ100%の確率でその部分は健康な髪の毛となります。

ただ、生え揃うまで10~12ヶ月程度かかるのが難点。少しの部分であればいいのですが、大きな部分を一気になるとなると多少傷が目立ってしまいます。

また、手術方法も多彩なので、病院による特徴をしっかりとつかんでおく必要はありますね。

増毛や育毛とは違う

植毛とは、増毛や育毛とは確実に違います。

例えば増毛。増毛とは単純に髪の毛が増えたように見せる方法のことを一般的には指します。元ある髪の毛に人工の髪の毛を結びつけて増えているように見せたり、粉などを振りかけて増えたように見せる方法が一般的ですね。

このスーパーミリオンヘアーとかはかなり流行しましたね!

増毛は圧倒的に楽です。継続的にお金はかかるかもしれませんが、薄毛をカバーするという面ではコストもかからず、一番てっとり早い方法かもしれません。ただ、実際の髪を増やしていく方法ではないですね。

 

一方、育毛は今自分の頭に生えている髪の毛を育てるという意味あいがあります。

育毛剤はあくまで「育毛剤」であれって「発毛剤」ではありません。なので完全に毛根が絶滅してしまったところに育毛剤をつけても意味がないのですね。

ちょっと薄くなってしまったとか、おでこが広くなったという方には育毛剤もいいかもしれませんが、効果は人によってまちまちなので、お金をかけて少し神頼みという感じにはなってしまうかもしれませんね。

「髪を生やす」という点においては植毛しかない

実際のところ、現在では、ない髪を生やす方法としては植毛が唯一にして無二の方法です。

いろんなサイトで「この育毛剤で髪の毛が生えました!」という口コミなんかを見ますが、それはしっかりと毛根が生きていた場合の話です。薄くなっていただけで毛根が生きてさえいれば育毛剤で改善する可能性はおおいにあります。

しかし、毛根が生きていなければもう植毛しかない。あ、カツラやウィッグでもよければ別ですが・・・

 

植毛は保険適用外なので一回の金額としては大きいです。しかし、なんども火曜必要はないですし、自毛植毛であればほぼ確実に、しかもほぼ永久的に生え続けます。

それを考えるとその他の方法と比較しても安いんじゃないかなと思いますね〜。

薄毛を確実に直すためのおすすめ植毛クリニック

さて、では実際に植毛のクリニックに悩んでいる方に、おすすめのクリニックをご紹介したいと思います。

ここでは総合的なおすすめクリニックをご紹介していきますので、気になったらカウンセリングにいってみてください。カウンセリング自体は無料ですし、一度聞きに行った方がクリニックの雰囲気などもわかると思いますよ!

ヨコ美クリニック

ヨコ美クリニックはFUE法・FUT法という、植毛手術のなかでは最も成功確率とその後の生着率の高い手術をメインに行なっているクリニックです。
価格も他院と比較すると割安で、もちろんカウンセリングは無料。なにより院長の顔がしっかりと見える病院というのが信頼を持てます。

ヨコ美クリニックのアクセス

名称 医療法人 横美会 ヨコ美クリニック

代表者名 今川 賢一郎住所

〒220-0004 神奈川県横浜市西区北幸2-1-22 ナガオカビル8F

診療時間 AM9:00 ~ PM6:30

休診日 日・水(または木)(休診日はお気軽にお問い合わせ下さい)

ヨコ美クリニック

ヨコ美クリニックはFUE法・FUT法という、植毛手術のなかでは最も成功確率とその後の生着率の高い手術をメインに行なっているクリニックです。
価格も他院と比較すると割安で、もちろんカウンセリングは無料。なにより院長の顔がしっかりと見える病院というのが信頼を持てます。

親和クリニック

これまでの実績は、なんと4,600症例以上!他院では断られるような細かい要望にも真摯に対応してくれるクリニックです。
一見高いように見える金額についても、細かい部分を口頭で伝えればしっかりと細かい明細をもらえるので、一度無料のカウンセリングに行ってみることをおすすめします。

-植毛とは
-, ,

Copyright© 薄毛を撲滅する植毛情報サイト , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.